ひよっこの宗男おじさんは誰についての記事です。と言ってもこのブログでも何回か宗男さんの紹介はしているんですよね。

ですので、「また宗男かよ!」というツッコミもあるかもしれませんが、今回はこれまでの宗男情報とまだ触れていない追加情報についても合わせてまとめていきたいと思います。

「ひよっこの宗男おじさんって誰?」という疑問もこれでスッキリ解決できるかも!?





スポンサーリンク


ひよっこの宗男おじさんって誰?一番の名シーンはコレ!?


ひよっこの宗男といえば、ヒロイン・みね子の叔父、つまりは父・実の弟であり、「変なおじさん」でおなじみの小祝宗男(こいわいむねお)です。

ビートルズをこよなく愛し、都会に憧れ、地元茨城の田舎町の若者たちに夢を語るというここまで聞けば「ちょっとカッコイイ印象」がありますよね。

しかし、宗男が「変なおじさん」と呼ばれるのはそれだけでは語れない本人独特の雰囲気というのがあります。

確かにこんな感じでやってきたら「変なおじさん」と思ってしまいますよね・・・。しかし、変なおじさんでも人と打ち解けやすいところがあるのが宗男なんですよね。

宗男が東京に来たときもあかね荘の大家の富(白石加代子)やすずふり亭のコック長の省吾(佐々木蔵之介)とも非常に仲がよさそう(?)でしたよね。

> 宗男と省吾のエピソードについてはこちら

また、宗男が「カッコイイ」から「面白い」おじさんになってしまう原因の一つが宗男の嫁・滋子です。少ない登場ではありながらもその中の

このポーズは一度見たら忘れないほどかなりインパクトがあります。

>> 宗男の嫁の詳細情報についてはこちら

私はそんな宗男(と滋子)の一番の名シーンが13週〜14週でのエピソードです。といっても、宗男たちがいるのは茨城ではなく、何と東京です。憧れながらも恐れがなく行ったことがない宗男を東京に向かわせたのはやはりビートルズだったんでしょうかね。

> 宗男おじさんの一番カッコイイシーンはコレ!?

> 宗男の嫁・滋子の意外な一面が見られるシーンはコレ!?

追加情報:宗男おじさんが暗い性格から明るい性格になったきっかけとは?

14週「俺は笑って生きてっとう!」でついに宗男の戦争での体験が明らかになりましたね。過酷な体験を経て明るい性格となった出来事とは一体なんだったのでしょうか?

>>> 宗男の性格を変えた戦争での出来事についてはこちら

スポンサーリンク

ひよっこの宗男おじさんの中の人についてもう少し掘り下げて見た


そんなひよっこの宗男おじさんを演じるのは峯田和伸さんでしたね。峯田和伸さんは最近では俳優業が多いのですが、実はミュージシャンでもあり、銀杏BOYZのメンバーです。

実はひよっこの脚本担当の岡田惠和さんは以前峯田和伸さんが主演をしていた「奇跡の人」にも関わっており、以前から俳優としての峯田さんに注目していたということについても以前紹介させていただきました。

> 宗男おじさんを演じる峯田和伸についてはこちらもどうぞ

実はその時、峯田和伸さんのプロフィールについて全く触れてなかったんですよね(汗)。ここで改めて紹介させていただきます。

別名ミネタカズノブ
生年月日1977年12月10日
出身地山形県東村山郡山辺町
職業シンガーソングライター
ジャンル青春パンク
担当楽器ボーカル、ギター、シンセサイザー

こう改めて峯田和伸さんのプロフィールを見るとやはり超がつくほどのバリバリのミュージシャンなんだな、と感じますよね。

自分で作詞・作曲をし、なおかつギター、シンセサイザーなどの様々な楽器を使いこなす姿はまさにカッコイイという一言に尽きますよね。

ひよっこではどちらかと言えば三枚目キャラな宗男ですが、そんな中でも「あれ、今日の宗男はちょっとカッコイイかも・・・」と思ってしまうのはやはり演じているのが峯田和伸さんだからなんでしょうかね。

そんな峯田和伸さんですが、実は(おそらく)公式のTwitterとInstagramがあります。峯田和伸さんのカッコイイところをもう少し見てみたいというあなたにかなりおすすめです。

Twitter

Instagram
https://www.instagram.com/mine_minet/

追加情報:宗男のモデルはキャストの峯田和伸の関係者!?

峯田和伸さんの人となりを知れば知る程、ひよっこの宗男と非常に重なる部分を感じますよね。そんな宗男のモデルですが、実は峯田和伸さんに非常に関係する人物だったことが判明しました。これは一体どういうことなんでしょうか?

>>> 宗男のモデルについてはこちら

以上、「ひよっこの宗男おじさんって誰?」のまとめについてでした。最後までご覧いただきありがとうございます!

「ひよっこ」での宗男おじさんの活躍シーンをもう一度見たいと思ったあなたはこちらから