朝ドラ「ひよっこ」に出演のシシドカフカさんの「一関」についての記事です。と言っても一関と聞いてピンと来る人って結構少ないのではないでしょうか?そこで今回はひよっこの「一関」について調べてみました。





スポンサーリンク


ひよっこのシシドカフカの一関って何のこと?


ひよっこでシシド・カフカさんが演じる久坂早苗役はこんな人物でしたね。

久坂 早苗(くさか さなえ)

1階に住むオフィスレディー。私生活は謎に包まれている“永遠の25歳”。常に何かにいらだっている雰囲気をまとっている。ズバズバとものを言うので、見合いを40回は断られ続けているらしい。意地の悪い言い方をするのはてれ隠しだと、島谷には見抜かれている。

※「ひよっこ」公式ページの人物紹介から引用

早苗を一言でいえば「怖い女」「ドS」と言ったところでしょうかね。しかし、一方で「ツンデレ」属性もあり、密かなファンもいるとかいないとか。

また、実はビートルズの中のメンバーのリンゴ・スターが好きと意外にコアなファンぶりをアピールしていて今後も新発見がありそうで期待できるキャラでもありますよね。

そんなシシドカフカさんが演じる早苗ですが、実は岩手県・一関(いちのせき)市の出身なんです。田舎の人であんなに都会でズバズバとものを言う人ってちょっと奇妙な気がするのですが、調べてみたところ実はこの一関の設定って意外と深いことが判明しました。

スポンサーリンク

ひよっこのシシドカフカの一関ってどこ?意外に深い設定とは?

シシドカフカが演じる早苗の出身の一関ですが、地図で言えばこのあたりです。

岩手県一関市

東にはフカヒレなどで有名な気仙沼市があり、また岩手県の中では実は福島県→宮城県との県境の北にあるんですよね(岩手県の中では南部ということになりますね)。ちなみに一関の一番の名物は何と餅なんです。実は「餅オードブル」なる料理も存在しており、また道の駅「厳美渓」には「お餅」のキャラクター「ペッタンくん」のモニュメントもあります。

※一関の場所として岩手県と福島県の県境と書きましたが、正しくは宮城県です。大変失礼しました。また、ご指摘ありがとうございますm(_ _)m

ちなみに実は宇多田ヒカルさんのお母さんの藤圭子さんがなんと岩手県一関市出身だったんですよね。


何となく、見た目的にレコードのジャケット写真の藤圭子さんと早苗が似ているのは気のせいでしょうかね。

そんな一関の設定が意外な深い理由って何でしょうか?実は岩手県(一関市)の県民性(市民性?)とこの早苗の設定がかなりピッタリなんですよね。

岩手県民の性格について調べてみたところ、実はこんなサイトを発見しました。内容としては全国46都道府県の

  • 男女の性格
  • 恋愛観と結婚観
  • 金銭感覚
  • 出身の有名人

などをまとめたものです。

これによると岩手県民は北部、南部、沿岸部でそれぞれ性格が異なっています。ちなみにひよっこのシシド・カフカさんが演じる早苗の出身は南部ですので、

  • 積極的な性格
  • 行動派が多い
  • 自尊心が高い
  • 駆け引きが上手い
  • 計算が得意

40回近く見合いを断られているだけに「駆け引きがうまい」がどうかはともなく、他の部分に関してはまさに早苗の性格と非常に合っていますよね。

※実は、早苗の見合いの件についてはこんな裏事情がありました。ちなみに「永遠の25歳」の真実もココにありました。

ちなみに岩手県の女性の性格は「落ち着いている人が多く、精神年齢がやや高め」ということでした。これも早苗の性格にピッタリですよね。

もちろん、同じ茨城県出身の時子とヒロイン・みね子を見れば性格にものすごく個人差がありますし、そういう意味では岩手県一関市出身の女性がみんな早苗のような性格と考えるのは非常に無理があります。

とは言っても早苗自身、みね子に対して非常に面倒見があるシーンがしばしば登場することから早苗自身決して悪い人間ではないことは明らかなんですけどね。

※ちなみに岩手県の女性は「家庭でもよき妻、よき母親としてしっかりと役割を果たす」とのことですので、非常に良妻賢母の素質があるということを念のため言っておきます。

しかし、改めてひよっこの早苗の人物設定を見ると脚本の岡田惠和さんはこのあたりの岩手県女性の県民性を考慮に入れたのかな、と考えてしまいますよね。そう考えると早苗の一関設定は非常に深いなあ、と改めて感心してしまいました。

以上、ひよっこのシシド・カフカさんの「一関」設定が意外と深い件でした。最後までご覧いただきありがとうございました!