ひよっこのキャストの米屋の娘こと安倍さおりを演じる伊藤沙莉さんについての記事です。ひよっこの米屋といえば、三男が東京での働き先です。

故郷の茨城でもヒロイン・みね子と時子に振り回されることが多かった三男ですが、東京ではこの米屋の娘・さおりと店主の板挟みに難儀しているようですね。

そんな、米屋の娘を演じる伊藤沙莉さんですが、過去の出演作を見ると意外なことを見つけることができました。どうも時子役の佐久間由衣さんと関係あるようなんですよね。





スポンサーリンク


ひよっこ キャスト 米屋の娘(阿部さおり)ってどんな役?

まずはひよっこの米屋の娘・さおりの人物紹介を見てみましょう!

安倍さおり(あべさおり)

父と仲が悪く、いつかこの店をパン屋にしたいと考えている。三男にも朝食にパンを勧めるが、ごはんを勧める善三とけんかになり、結局三男はパンとみそ汁というおかしな組み合わせを食べるはめに。三男が幼なじみと遊びに行くのがおもしろくなくて、みね子たちに嫉妬心をいだくかわいらしい一面も。

さおりは三男(泉澤祐希)が東京で働く安倍米店の店主・善三(斉藤暁)の娘です。さおり自身は「米は既に時代遅れでこれからはパンの時代だ」と自負していて、いつかは米屋を閉め、パン屋にしようと考えています。

もちろん、善三はそんなさおりの考えを認めるわけはなく、仲は険悪なようですね。特に三男がやってきてからは朝食をパンにするかご飯にするかで善三とさおりの間で喧嘩が絶えません。

ただし、三男はどちらにつくこともできず、ごはんとパンの両方を食べざるを得ないという感じです。

また、さおりは三男に密かに(あからさまに?)想いを寄せていて、三男が出かけるときは変装して「尾行」をします。特に三男がみね子や時子と会う際はかなりピリピリとした様子で、途中で憤慨して帰ってしまいます。

※それでも懲りずに三男の尾行は続けているんですけどね。

何度かさおりの「尾行」が三男にバレかけたときもあるのですが、今のところは三男自身はさおりの尾行に気がついていないみたいですね。

スポンサーリンク

ひよっこ キャスト 米屋の娘役の伊藤沙莉ってどんな人?時子との関係って?


そんなひよっこの米屋の娘を演じる伊藤沙莉さんの役柄がこちらです。

名前伊藤 沙莉(いとう さいり)
生年月日1994年5月4日
出生地千葉県
身長151 cm
血液型A型

伊藤沙莉さんの芸能界デビューは2003年放送の「14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜」です。ドラマでは伊藤沙莉さんは9才の子役ながらも物語のキーとなるナツキという役を演じました。

その他伊藤沙莉さんの子役時代には「女王の教室」「ちびまる子ちゃん」などにも出演しています。実は意外なところで伊藤沙莉さんを目にしている可能性もあるということですね。

そんな伊藤沙莉さんの初主演作品が2015年に放送されたフジテレビ系列のドラマ「トランジットガールズ」です。実はこのドラマにはひよっこの時子役の佐久間由衣さんも出演しています。

ドラマ「トランジットガールズ」
↑↑↑ ドラマ「トランジットガールズ」の動画を見るならこちらから[AD]

トランジットガールズでは、伊藤沙莉さんが主人公の葉山小百合を演じ、佐久間由衣さんがカメラマン(見習い)の志田ゆいを演じています。

小百合とゆいは義理の姉妹関係なのですが、実はそれだけにとどまらずちょっと禁断の関係になってしまう、という衝撃の内容です。ドラマのテーマも「私のファーストキスは、おねーちゃんでした。」とインパクトのあるフレーズですよね。

まあ、放送時間が土曜の23:40から0時までという深夜の時間帯だからできた内容でもあるのですが・・・。ちなみにドラマの制作は「テラスハウス」の元スタッフという意外な事実もあり、ドラマ自体も公表だったようですね。

トランジットガールズでは伊藤沙莉さんと佐久間由衣さんは禁断の関係となったわけですが、一方のひよっこでは三男(泉澤祐希)を取り合う恋のライバル(?)となっています。そう考えるとなんか不思議な感じですよね。

※と言っても佐久間由衣さんが演じる時子は三男の想いを知っていながらも今のところは「幼馴染」以上の想いはなさそうですが・・・。

以上、ひよっこのキャスト 米屋の娘役の伊藤沙莉さんについてでした。最後までご覧いただきありがとうございます!

「ひよっこ」のさおりが三男が尾行するシーンの動画をもう一度見たいならこちらから