朝ドラ「半分、青い。」のキャスト「鈴木」なる人物について紹介します。

鈴木という名前自体は非常にありふれた名前ですが、考えてみると半分青いのドラマ上では「鈴木」という名前はあまり聞かないですよね?

そこで今回はこの「半分、青い。」の鈴木について調査してみました!





スポンサーリンク


半分、青いキャスト鈴木はいつ出演した(する)?意外な事実!?

実は「半分、青い。」の公式ページを見ても「鈴木」という人物は存在していないようですね。

2018年4月現在では、少し先の東京編の登場人物も紹介されていますが、やはり「鈴木」という名前はありません。

ちなみに私が確認した限りでは半分青いのドラマ本編でも「鈴木」という名前の人はいないようでした。半分青いでは船頭のように公式ページには載っていないけど話題になった人物がいますが、鈴木さんはそういうわけでもないようです。

※もちろん、鈴愛の同級生や近所で「鈴木」という名前の人がいるという可能性はゼロではないですが・・・。

今後、「半分、青い。」で鈴木さんが登場するかもしれませんが、まだ未確認です。それでも「半分、青い」のキャストの「鈴木」が話題になっているのは不思議ですよね。

そこで調べてみたところ意外な事実が判明しました!

スポンサーリンク

半分、青いキャスト鈴木の意外な事実とは?

調べてみたところ「半分、青い」の「鈴木」はドラマの役名ではありませんでした!実は俳優さんの名字だったんですよね!!

ちなみに半分青いの鈴木とは劇団EXILEの鈴木伸之さんのことです。「鈴木伸之って誰?」と思ったあなたは、

一番左の人、と聞けば見たことがあるのではないでしょうか。はい、「あなそれ」こと「あなたのことはそれほど」で主人公・ 美都の元恋人と現恋人(不倫相手)の有島光軌役でしたよね!

「あなそれ」で思い出したのですが、波瑠さんは「あさが来た」でヒロイン、東出昌大さんは「ごちそうさん」でヒロインの夫役でしたよね!今回鈴木伸之さんも待望の朝ドラ出演となったわけですね!!

スポンサーリンク

半分、青いキャスト鈴木の役柄は謎のイケメン!?その正体は?

「半分、青い」で鈴木こと鈴木伸之さんが演じるのは謎のイケメン・神崎トオルです。

※ちなみに正体は後ほど明らかになります。

謎のイケメン神崎が登場するのは第3週「恋したい!」です。1989年(平成元年)のある日のこと、鈴愛の両親・宇太郎と晴が営む「つくし食堂」に一人の青年・神崎トオルがやってきます。

その青年は見た目が爽やかで流行の紫のスーツを着こなすイケメンでした。東京からやってきたとする神崎は若干怪しい雰囲気がありました。

謎のイケメン神崎が登場すると同じ頃、律の家が営む写真館にもこれまた東京から来たとされる怪しい女・小倉瞳(佐藤江梨子)がやって来ていました。

ここで察した人もいるかもしれませんが、実は神崎トオルと小倉瞳は東京のリゾート開発会社「青山セントラルリゾート開発」で働く同僚社員です。

神崎と小倉の目的は鈴愛たちが住む東美濃市梟町にテーマパーク「ぎふサンバランド」を建設することでした。

第3週では謎のイケメン・神崎トオルと見るからにバブリーな小倉瞳が騒動を起こすというエピソードが展開されるようですね!

以上、半分、青いのキャスト「鈴木」についてでした。最後までご覧いただきありがとうございました!