べっぴんさんで紀夫のことについて伝えに来た人についての記事です。と言っても数話限りの登場だったため、誰?と思った人も多いですよね。もちろん、郵便局員の人のことではありません。

具体的には一時だけ紀夫と戦地を共にし、紀夫から借りて返しそびれたものを返しに来たあの青年のことです。よく見るとその青年、意外とイケメンなんですよね。そこで気になるので調べてみました。

スポンサーリンク

べっぴんさんで紀夫のことを伝えに来た人ってどんな人だった?改めて確認!

9609faadaf6dc3bc6c46e68a30e5fc3e_s
べっぴんさんで紀夫のことについて伝えに来た青年が登場したのは、35話のラストから36話の冒頭部分でした。放送週でいえば、6週放送の「笑顔をもう一度」ということになりますね。

青年は「中山照之(なかやまてるゆき)」と名乗り、わずかな期間ではあったものの紀夫(永山絢斗)と戦地を共にし、そこで借りたものを返しにきたとすみれ(芳根京子)に話します。その借りたものとは裁縫道具でした。

すみれは戦地で紀夫の服のボタンが外れたり、服が破けてしまっても困らないように紀夫の出征前に持たせたものでした。実際、紀夫自身はそのような事態にはなりませんでした。しかし、たまたま戦地が一緒だった中山が服のボタンが外れ困っていたところを助けた、というわけです。

しかし、元々中山と紀夫は別部隊でした。そのため、翌日にはそれぞれの部隊は別行動を取ることになり、結局中山は紀夫に裁縫道具を返すことはできませんでした。

すみれは中山に「紀夫は今どこに?」と聞きますが、中山にはもちろん紀夫の現在の所在は分かりませんでした。すみれは中山にわざわざ届けてくれたお礼を言うと、中山を送り届けます。

中山がその場を立ち去った後、すみれはその場にしゃがみこみ、1人涙に暮れるのでした。

べっぴんさんで紀夫のことを伝えに来た人は誰?よく見るとかなりのイケメン!?

d42b87363b4165acd0534fcedb12a862_s
べっぴんさんで紀夫のことを伝えに来た中山照之を演じたのは井上拓哉さんです。実は自身の公式Twitterでもべっぴんさん出演について報告しており、その時の1シーンの写真を貼っていたので見てみましょう。


ドラマでの出演時間は割りと短かったのであまり気が付きませんでしたが、よく見るとかなりイケメンですよね。せっかくなので井上拓哉さんのプロフィールについても確認してみました。

名前 井上拓哉(いのうえたくや)
生年月日 1995年11月7日
血液型 B型
出身地 兵庫県
身長 172cm
特技 バスケットボール
趣味 野球・テニス・時計コレクト

井上拓哉さんはワタナベエンターテインメントの俳優集団「劇団Patch」のメンバーの1人でドラマ、映画はもちろん舞台での活動も結構やっているようです。実は2016年の4月の「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」では井上拓哉さんは主演を務めているんですよね。

実は「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」の公開直前でラジオ番組で番宣のために井上拓哉さんが出演したときの映像を入手しましたので、その時の映像をご覧ください。

映像は、ABCラジオの番組「橋詰優子の『劇場に行こう!』」の4月10日放送回の1コーナー「必死のPatchコーナー」の録画映像です。もちろん、ラジオでは音声のみですが、この映像ではその収録風景まで見ることができるのでちょっと得した気分になれますね。

ドラマや映画での井上拓哉さんのレギュラー主演はまだ確認できていませんが、今後、大活躍が期待できますよね。

以上、べっぴんさんで紀夫のことについて伝えに来た中山照之役の井上拓哉さんについてでした。